コミュニケーション コミュニケーション



起業の案内所

○まず、資金計画を確実にしよう。 
○確実な売上、利益があがるのか、
 シュミレーションしよう。 
○小売、外食の場合、立地はどうなのか?
○従業員の確保はできるのか?
○税金、経理はどうするのか?
○広告、集客方法はどうなのか? 
○固定客を増やすにはどうしたら よいか?
○アルバイト、パートの教育、育成 
○柔軟性を持った経営をする。 
○仕事術を考える。
○商品構成を考える。
○コミュニケーション術を考える。


  ○コミュニケーション術を考える。
  先に要点を伝える、会議などで発言する場合、まず一番大事な事を伝えましょう。
  そして、なぜならこういう事だからですと話を簡潔にして、話を長くしない。
  要点がわかりにくいと相手がイライラします。

  すみませんが口癖になっている人がいる、お礼なら”ありがとうございます”と言いましょう、
  その方が感じがいいです。

  100%の答えがないもの、その代表が人間関係でしょう、仲がいい人、悪い人、まずまずの人、
  しゃべらない人、仕事上だけの人などさまざまな人間関係があります。

  相手に対して話がふくらむような質問の仕方をしなければいけません、
  答えがハイ、イイエに終わる質問ではなく、答えが文章になる質問の仕方を心がけるべきです。
  できるだけお客様、従業員とコミュニケーションをとり考え方、体調などを把握する必要があります。







                        コミュニケーション能力を高める、自分の容姿、表情に自信を持つ、
                        自信のない人は鏡をみて笑顔の練習をしましょう。

                        相手の年齢、性別、役職、立場、などに臆しない、しかし、常に相手に対して敬意を持つ。

                        一方的にしゃべらないで相手からの会話を引き出す努力を怠らない。
                        誰でも初対面の人との会話はやりにくいですが、常に笑顔で会話すれば、相手も
                        うちとけて会話してくれるでしょう。

                        商談などではメモをとりながら聞くとしっかり聞いていると相手に好印象を持たれます。

                        相手によってはカタカナ語を日本語に置き換える、むつかしい表現をやさしい表現にする。
                        人によっては漢字の表現がわかりにくい事がありますのでそんな時は
                        理解がしやすく言い直します。
                        現実的な事例を出す、わかりにくい場合は事例を出して説明する。





                                                 yarukiビジネス研究室  
















inserted by FC2 system