仕事術 仕事術



起業の案内所

○まず、資金計画を確実にしよう。 
○確実な売上、利益があがるのか、
 シュミレーションしよう。 
○小売、外食の場合、立地はどうなのか?
○従業員の確保はできるのか?
○税金、経理はどうするのか?
○広告、集客方法はどうなのか? 
○固定客を増やすにはどうしたら よいか?
○アルバイト、パートの教育、育成 
○柔軟性を持った経営をする。 
○仕事術を考える。
○商品構成を考える。
○コミュニケーション術を考える。


  ○仕事術を考える。
  素直でない、言われたとうりにやる事ができない、この場合、なぜやる事ができなかったのかを考えます。
  コミュニケーションがとれてなかったのか?、あいさつはできているか?、仕事の指示を確実に出しているか?
  仕事ができる人はすばやくやりきってしまいます。

  早起きをする、早く出社する人に仕事ができる人が格段に多いのは事実です。
  ギリギリに出社して、仕事が遅く、その質も低い人は最悪な人になります。

  スケジュール、時間を把握しコントロールする、やるべき事を時間内に実行する、ダラダラするといつまでもできない。
  時間を管理する事が自分をコントロールする事になります。

  取引先と商談をする際、前置きなしでいきなり本題の話を始めてしまう営業職が多くなっています。
  初対面の人に話しかけられない男性が増えています。
  しかし、営業職である以上、世間話ができないようでは顧客の信頼を得られません。
                        雑談ができるように、ニュース、スポーツ、地元の話題など常に頭に入れとかなければなりません。







 
                        世の中には人づきあいが苦手で嫌いな人がいます、
                        営業や接客の仕事はできるだけしたくないという人はたくさんいます、では、なぜ、そう思うのでしょうか?
                        そういう人は家族、友人とはうまく接する事ができます、仕事上のつきあいになると心にカベを作り、
                        緊張してしまうからです、そうすると緊張感は相手につたわりうまく接する事ができません。

            
                        心の中でバカにされたくない、変わった人と思われたくないと思い本来の自分が出せないためです。
                        そういう人は自分に自信がないため本来の自分で他人と接する事ができないため
                        対人関係で疲れてしまいます。

                        そこで常識人などならなくていい、ダメ人間でいいと、肩の力を抜いて他人と接する事ができれば
                        仕事上のつきあいが楽しくなり、やがて、業績があがります。

                        聞き上手は話上手につながる、聞き上手の人は誰とでもうまく話せます。
                        聞き上手の人はうまくコミュニケーションがとれる人です。
                        また、好かれる人が聞き上手に多い事に気づくでしょう。

                        よく聞く事で会話のキャッチボールが行われる。
                        そして知識を増やし、考えの幅を広げる事ができます。





                                                  yarukiビジネス研究室   





















                        inserted by FC2 system