従業員 アルバイト 従業員 アルバイト



起業の案内所

○まず、資金計画を確実にしよう。 
○確実な売上、利益があがるのか、
 シュミレーションしよう。
 
○小売、外食の場合、立地はどうなのか?
○従業員の確保はできるのか?
○税金、経理はどうするのか?
○広告、集客方法はどうなのか? 
○固定客を増やすにはどうしたら よいか?
○アルバイト、パートの教育、育成 
○柔軟性を持った経営をする。 
○仕事術を考える。
○商品構成を考える。
○コミュニケーション術を考える。


  ○従業員の確保はできるのか?
  人事管理、まず、社員、パート、アルバイトを採用します。面接をして有能な人材を採用します。
  採用にあたっての注意点としては、常識力はあるか、応募条件を満たしているか、年齢、通勤距離、職歴
  家族構成、仕事に対しての相性はどうか、職歴がある場合は前職の退職理由を聞く、など総合的に判断する。

  目標とする利益を設定し人件費を計算してシフト管理をします。基本的には忙しい時間帯、忙しい曜日に人を多くする。
  仕事の多角化を推進する、外食、飲食店であれば調理、レジ、発注、物販であれば、商品の品出し、レジ、発注など
  全員がどの仕事でもできるようにする。こうする事により、急な欠勤、忙しくなった時に対応できる。

  電話応対はお客様の注文、クレームなど重要な用件があるので、十分に注意して応対する。

  従業員とのコミュニケーションを高める、最も基本な事ですがあいさつをしない人もいますので、上司からあいさつする。
  そうすると部下の方からあいさつをしてくるものです。雑談をする、仕事以外の話をする、親しみが増す事を念頭に
  親近感を深める、積極的に話をする、相手の話を聞く事も大事です、途中で話の腰を折らない。
                        話上手は聞き上手と言います、上手に聞く事も身につけましょう。

                        仕事中に雑談ばかりしてはいけませんので、仕事モードの時は雑談をしない、朝、ミーティングを行う、こういう時間に
                        どんどん,話してもらいメリハリをつける。就業後はコーヒーでも飲みながら、おもいきり雑談する。










                        クレーム対応をする、最初が肝心、真摯な態度で話をよく聞く姿勢が大切です。どうしてこんなに怒って
                        いるのか相手の身になって話を聞きます。この時、感情的になって怒りをぶつけてくる時がありますが
                        動揺せずに落ち着いて対応します。この場合メモをとります、メモを見ると話の流れがわかってきます。
                        そうする事で解決策を考えます。お客様に冷静さを取り戻していただき、適切な解決策で納得していただきます。

                        消防への届出、店舗、飲食店、事務所、を使用する7日前までに防火対象物使用開始届出書を管轄する
                        消防署へ届出ます。延べ面積300平方メーター以上の建物を使用する場合は防火管理者を選任します。
                        この場合防火管理講習を修了する必要があります。

                        従業員規則の作成、従業員が働きやすいようにあらかじめルールを作ります。未成年者を雇用する場合、
                        保護者の許可を書面でとります。外国人を採用する場合は資格を確認します、留学生は週28時間までと
                        制約ありますので注意します。

                        社会経験の少ない学生アルバイトは仕事ができなくて当たり前ですので、働きながら教育します。
                        学生アルバイトは長期間働かない人が多いので、面接時にいつまで働けるのか聞いておきましょう。

                        わかりやすく仕事ができるように、マニュアル、チェックシートを作成して実際に従業員に行ってもらいます。
                        従業員はやるべき仕事がわかりやすくなり仕事のレベルが平準化する。

                        オープン前には接客、その他の作業をくりかえし、練習する。オープンしたら要領がいい人が手を抜いて
                        ズルをしないよう目を光らせる、このためには普段から従業員の性格、行動を把握しておきます。




                                               yarukiビジネス研究室   
















inserted by FC2 system