起業 資金 起業 資金



起業の案内所

○まず、資金計画を確実にしよう。 
○確実な売上、利益があがるのか、
 シュミレーションしよう。 
○小売、外食の場合、立地はどうなのか?
○従業員の確保はできるのか?
○税金、経理はどうするのか?
○広告、集客方法はどうなのか? 
○固定客を増やすにはどうしたら よいか?
○アルバイト、パートの教育、育成 
○柔軟性を持った経営をする。 
○仕事術を考える。
○商品構成を考える。
○コミュニケーション術を考える。


  ○まず、資金計画を確実にしよう
  
  起業資金、開店資金をすべて自己資金でまかなうのは無理ですので、借入に頼る事になります。
  日本政策金融公庫は政府系金融機関として税金を使い、政策的に起業、独立を後押ししています。
  
  一般の銀行などがリスクを恐れ起業資金を融資する事に消極的なのに比べて、日本政策金融公庫は
  政府系金融機関として、新しいビジネスの育成に積極的に取り組んでいます。

  無担保無保証と連帯保証人署名の不要の融資の新創業融資では最大1000万円まで借入が可能です。
  日本における一般企業向け融資では、経営者本人が連帯保証人になる事はあたりまえになっていますので、
  大変、有利な制度なのです。この場合個人事業として融資を申し込むと受けやすくなります。

  制度融資とは地方自治体と信用保証協会、金融機関等が協力して、公的資金を貸し出す制度です。
  これは事業資金として借入できますし、利率も低いです。 
                         個人事業者は担保、保証人は不要です。申し込みは商工会議所、金融機関で行います。
 

                        運転資金とは在庫投資や仕入れの支払いと売上の回収にズレが生じる場合と経費の支払いに発生する
                        事業活動していく上で必要な資金です。これに当面の生活費がかかりますので
                        余裕の資金を持つ事が重要です。


                        借入の際、事業計画書を作成します、これには創業にかかる費用ですが、細かく項目別に書き出して、
                        モレがないようにします。次に売上予測ですが、外食は形態、席数、物販は形態、売り場面積でおおよその
                        売上予測ができますので、あまり大きな数字にするもいけないし、当然、小さすぎてもダメです。
                        次に経費予測です、経費には仕入れ、人件費、光熱費、家賃、リース費、車両関連費、雑費
                        などあります、仕入、人件費は売上が増えれば伴って増えます。

                        売上−経費=利益 この利益で借入の返済をしますので、ある程度、余裕がないと融資が行われません。
                        ここのところが肝心ですので、うまく書類を作成しましょう。






                        外食の店を開業する場合、調理師免許がない時は保健所の行う食品衛生管理者の講習を受けて、
                        免許を取得します、調理場は食品衛生法に沿った形にします。

                        フランチャイズでの開業を考える事があると思います、余分に金を払って、看板とノウハウを買うということで
                        説明会など無料で受けられますので、納得するまで質問をしてみればいいでしょう。
                        説明会では都合の悪い話は絶対にしませんから、それらを見抜かなければなりません、
                        現在、実際に店舗を運営している、オーナーに話しを聞けば真実がわかります。
                        フランチャイズのデメリットとしては、経営の独自性を発揮できない、長期に渡る契約に縛られます。
                        フランチャイズをやる人は、その業種の未経験者が多いので慣れてない、マニュアルどうりに働けない。
                        ことになりますので、少しづつ進歩する、改善点を見つけて、すばやく改善する事が大事になります。

                        深夜(午前0時〜日の出)の間に酒類の販売をする場合は、警察の保安課への届出が必要になります。
                        従業員が客の隣にすわり接待行為をする場合は警察への風俗営業の許可がいります。

                        資金管理をおこなう、起業した当初は余分にお金がかかるものです、リスクを想定して備えれば、
                        安心して経営をおこなえます、資金繰りを計画的におこないます。

                        どの業種でも既存のパイは拡大していませんので、他の店や会社のお客を奪わなければ売上はあがりません。
                        どこに店、会社を出すにしても、ライバルがいますので、そこからいかにしてお客を奪うかが、ポイントになります。
                        大企業が手をつけてない分野で起業する、大企業のスキをついて仕事をすれば会社が成り立ちます。





                                                yarukiビジネス研究室   













                        


          
inserted by FC2 system