宴会予約の受付

宴会の予約の受付は電話、セールスマン、接客者、お客様のご来店からなる。店ではお客様の期待に十分応えられる対応を準備し、お客様の信頼を得るように努める。

予約受付のポイント

①お客様の第一印象を損ねないように明るくあいさつをする。

②応対は機敏な動作をモットーとし、自身のなさそうなもたもたした態度で臨まない。
例えばお客様に出すお茶が遅い、お客様に説明するセールスツールがそろっていない。
説明が抽象的でわかりにくい、お客様の質問に答えられないなどでは、お客様に不安感を
持たれてしまう。

③お客様の目的、お客様の望む日時が確保できるか、お客様の予算に合わせて説明する。

④宴会についてのメニュー、価格、数量、演出法を具体的に提示する。

⑤部屋、場所、立地、交通の便をわかりやすく案内する。またはあらかじめ地図を用意する。

⑥予約者のお客様が安心し、満足のいくようなきめ細かい気配りを表現する。
以上のように接客者は徹底して店側の誠意を示してゆく。






受付時のサービス手順は、次のように進めるとよい。
①あいさつ

②宴会の年月日

③時間

④人数(男、女、子供)

⑤予約一覧表で日程を確かめる。

⑥日程が空いていたら受ける。

⑦都合がつかない場合は他日振り替えを提案する。

⑧日程調整がついたら、予約者名、責任者名、電話番号、郵便番号、住所をうかがい、書類に記載し、復唱する。

⑨予算をうかがい、料理の内容、飲み物の内容、サービス料、消費税を決定、確認する。

⑩宴会の目的、部屋、テーブルの配置、飾りつけや道具の演出、打ち合わせを確認

⑪仕事を円滑に進めるため良好な人間関係づくりを心がける。

⑫お客様の応対は最後まで担当者が責任を持ってあたり、お見送りまで確実に進行する。














inserted by FC2 system