的確な言葉使いを覚えよう

①満席でお客様にお待ちいただく時、”ただ今満席ですので、お席があき次第、ご案内させていただきます。恐れ入りますが、こちらでお待ち下さい”

待ち時間の予測がつくなら、おおよその目安でも知らせておくと、お客様は安心します。

②人数の確認、”お客様はお人数は何名でいらっしゃいますか?”

③席を整えている時、”ただ今、ご案内しますので、少々お待ちいただけますでしょうか?”

④お客様が着席したら、”失礼いたします”と声かけして、お冷、おしぼりを出し、メニュー表を
渡します。”お決まりになりましたら、お声をおかけ下さい”と言って去ります。

⑤オーダーの受け方、お客様が注文しそうなサインをキャッチしたらり、あるいは頃合を見計らって席に行き”ご注文がお決まりまでしたら、おうかがいします”と言って注文を受けます、
お客様のサインは、メニューから頭を上げた、メニュー表を閉じた、キョロキョロしている、などがあります。注文を受けたら最後に復唱して確認します、”少々お待ちくださいませ”と言って
会釈してさがります。

⑥セッティング、注文に応じて、箸やシルバー類のセッティングをします、その時
”失礼いたします”と声かけします。

⑦料理を出す時、”お待たせしました””失礼します”と声かけして、料理を出します。
食器が熱いときは”お熱いのでお気おつけください”とお客様の注意をうながすようにしましょう。全部だし終わったら、”ご注文の品は以上でよろしいでしょうか?”と確認します。
伝票をテーブルにおき”ごゆっくりどうぞ”と言って下がります。



⑧食器を下げる時、”こちら、お下げしてよろしいでしょうか”と聞いてから下げます。

⑦追加注文の受け方”かしこまりました、○○一つですね、少々お待ち下さいませ”
と確認します。

会計時のサービス

①伝票を受け取るとき、”ありがとうございます”と言って、伝票を受け取り、レジで精算します。
②金額の読み上げ、合計金額は明確に伝えます、”お待たせいたしました、○○円でございます”
③代金は両手で受け取ります、ちょうどの場合は”○○円いただきます”お釣りがある場合は
”○○円お預かりします”が正しい言い方です。

④お釣りの渡し方、ちょうどの金額ならレシートを渡します、お釣りがある場合は
”○○円お預かりしましたので、○○円のお返しでございます、お確かめ下さい”
と言って渡します。

⑤お客様の去店、感謝の心をこめて”ありがとうございました”とあいさつしましょう。
サービス中に、お客様が帰るのが目にとまったら”ありがとうございました”と声かけしましょう。

⑥後片付け、テーブルを片付けるときには、忘れ物がないか確認しましょう、次のお客様のためにすばやく片付けます。


















inserted by FC2 system